新型コロナウイルス感染防止の為の当院での取組

当院では、コロナウイルス感染症対策として以下のように取り組んでおります。

【患者様各位】

入口での検温にて37.5°以上の発熱がある方、
マスクを着用していない方の院内への立ち入りをお断りさせて頂いております。
また、入口での手指のアルコール消毒、検温、体調の確認、同意書の署名にご協力よろしくお願い致します。

新型コロナウイルス感染歴のある方はお電話にてお問い合わせください。

以下の質問に該当する項目がある場合、院内への立ち入りを制限させていただいております。
 咳、息苦しさ、くしゃみ等の呼吸器症状はありませんか?
 味覚、嗅覚の異常はありませんか?
 2週間以内に37.5°以上の発熱はありませんでしたか?
 2週間以内にご本人様、ご家族様に県外への渡航歴はありませんか?
 コロナウイルス感染症を疑う方との接触はありませんでしたか?

お薬処方のみ希望される方も同様です。

また、受付開始時間が変更になっております。午前8時30分~、午後1時45分~
ご不便をお掛けしておりますが、コロナウイルス感染拡大防止の為、ご協力よろしくお願い致します。

【施設内、全従業員共通】
● 出勤時に検温、体調確認、マスク着用、アルコール消毒の徹底
●手袋、マスクの着用
●プライベートでの行動自粛
● 施設内、常時換気
●待合ソファーの間隔をあける。患者様同士も間隔をあけてもらう
●業務終了後に施設内、備品の消毒 1日2回(昼、夕方)

【受付】
●飛沫感染予防のビニールカーテンの設置
●給湯器の使用中止
●公衆電話の使用中止

【診察室】
●診察待ちの方が少人数で待機できるように案内する
●患者様が触れた場所、備品の除菌徹底
●接触機会が多い場合、手袋は交換
●使用済みタオルはその都度交換

【リハビリ】
●待ち時間削減として、治療内容の縮小化
●電気治療部位、ラドファンゴの使用数制限
●マッサージの中止
●ベッドは入れ替わり時に次亜塩素酸水で消毒
●電気パッドは使用前に次亜塩素酸水を使用
●使用済みタオルはその都度交換
●緊急性のない血圧測定は控える。血圧薬を処方されている方は月2回程度
●従業員配置➡リハビリ3~4名。爪2名。入口での検温1名。

【デイケア】
●利用者様の体調確認
●口腔体操の中止
●食事前に手指アルコール消毒
●短期集中リハビリ以外の個別リハビリ、マッサージの時間短縮
●集団体操は利用者様同士の間隔をとり、15分以内で行う
●ミーティングの際は間隔をとって行う
●送迎車両の消毒
●マッサージ台を減らして密集を防ぐ
●担当者会議の省略化。書類のみで終了。事前にケアマネージャーに内容を伝え、会議時間短縮を図る
●ご家族様向けに文章を配布し、自宅での体調確認・管理等の協力要請

令和2年8月付(当院のマニュアルを一部抜粋し、省略して掲載しております)